NHKの3月26日22時放送のプロフェッショナル出演の、藤重先生。熱血教師かつこの高校の吹奏楽部をわずか3年で全国大会優勝まで導いた凄腕教師の経歴や功績についてもしっかりお伝えしていきます!

スポンサーリンク

藤重佳久先生は活水高校の教師?

ということで、NHKのプロフェッショナルだけでなく、過去にも地上波の番組でもチラホラ出演して

ごく普通の教師から一躍テレビにまで出るようになったには訳があります(*^_^*)♪

 

藤重佳久先生の何が凄いかというと、とにかく経歴が凄いんです。教師としての腕が凄いんです。

彼が活水高校に着任してから、元々はごく普通の吹奏楽部だったこの高校を

なんと、一般人では到底考えられないのですが、わずか5ヶ月で全国大会に出場させたツワモノです。

更に、それだけではなく同吹奏楽部を3年目にその全国大会まで優勝させてしまったというのだから

本当に驚くべき指導力というのがここで分かりますね(゜_゜>)

 

僕が仮に中学3年生だったとしたら

「わぁ~!僕吹奏楽やったことないから、僕は高校の部活は吹奏楽やるんだーい!

でもプロとか目指してないから・・・普通の高校の普通の吹奏楽部が良いなぁ」

っと、思って入学したら3年後には全国大会で優勝しているということですからね(^_^.)

当時僕がその状況だったら必ず「人生何が起こるか分からないね」と言ってる事でしょう。笑

藤重佳久先生の結婚や引退の噂について

こちらについては藤重佳久先生については結婚はしているという情報というのはありますね(*^^)v

実際教師としての活動で長期にわたって生徒に音楽を教えていたのですが

実際そこから定年退職をしてからも音楽監督としても活動されているということで(゜_゜>)

僕だったら定年したらのんびり暮らしたいと思っちゃうのですが。笑

もちろん教師としての活動は無いものの、今では音楽監督として現役でも活動をしている様子ですね(*^_^*)♪

 

お子様の情報などについては情報の記載と言うのはありませんでしたが、音楽家の息子娘がいるならば

やはり音楽の道に進ませてあげたい!と思ってしまうのが親心なんですかね♪

音楽を愛し、家族を愛する素晴らしいパパなんではないかなというのが

Topにある画像の笑顔から想像が出来ますね(*^_^*)♪

スポンサーリンク

藤重佳久先生の経歴などについてまとめ

藤重先生については、元々は中学時代に日本吹奏楽コンクールに出場している経験というのがおありなんですね。

観客の姿を見ていたり、自分たちが演奏したという感動をきっかけに「音楽で生きよう!」と、

武蔵野音大音楽学部器楽科。へと進学をしたんですね(*^_^*)♪有名な音楽家を多数輩出している学校です!

元々は音楽で有名な武蔵野音楽大学を卒業した後は、意外ですが“教師という道に進む選択肢は無かった”んですね。

 

実は卒業をした後というのは、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団というところに入り、

教師では無く、元々はホルンの奏者をしていたんですね(゜_゜>)

音楽で生きる!と決めて進んだ道なのでしょうが、実際に進んでみると”一流”の壁というのを感じたり

プレッシャーというのが重くのしかかってきたので、その際にお声を掛けていただいたのが

精華女子高校だったんですね(*^_^*)元々教員免許を持っていたので、うちに来てくれないか!

ということで、精華女子高校の吹奏楽部を担当したのが、これが1980年とかなり前なんですね♪

 

全日本吹奏楽コンクールは出場20回の経験を誇り、金賞がなんとそのうちの10回、銀賞が9回という素晴らしい功績です。

それ以外にも全日本マーチングコンテストは出場16回すべて金賞、

更には、海外大会で世界一という称号まで手に入れてしまったんですね(゜_゜>)

 

元々は音楽家としての成功というのを本人も望んでいたのかもしれませんが

藤重佳久先生は、一人一人の音楽の力というのを引き出す“指導力”という部分が生きて

音楽家ではなく、音楽教師として、そして今では音楽監督として活動されている。

本当に音楽の事に関しては頭の上がらない存在なんですね(*^_^*)♪

スポンサーリンク

藤重佳久先生の名言や本が良いと評判!

藤重佳久先生の指導法というのは業界でも非常に注目されており“常識破りの指導法だ”という風に言われていました。

その中非常に凄いなという風に思った名言というのがいくつかあります!

もちろんこの名言の数々というのは、著書の中に記載があるみたいなので

あまり多くは載せれないのですが(^_^.)一番個人的には驚いた名言はこちらです。

 

「音痴な人はいない。耳のトレーニングができていないだけ」

 

このキーワードが出てきた瞬間に僕のカラオケ恐怖症というのが治った気がします。笑

努力すれば音痴は治るというのが僕の中ではあり得なかったので(^_^.)←※歌下手過ぎる

 

それ以外にも、名言はもちろんのことなのですが、生きる上で“やる気”というのがもちろん大事ですが

自分のやる気を引き出すのはもちろん大事な事なのですが、教師という仕事柄

高校生扱うのが難しい世代の“やる気”を引き出すためにはどうしたら良いのか?

という部分というのも深く書かれていて正直これまで生きてきた価値観というのも変わるぐらい良かったです!

 

実際に自らでやる気を引き出したい!という方についてもオススメですし。

逆に仕事場などの立場柄人の上に立つことが多い方などについては、その指導法というのを見ると

非常に今までと180度価値観がひっくり返る事間違いなしです(*^_^*)♪

 

やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法 (一般書) [ 藤重 佳久 ]

価格:1,620円
(2018/3/19 22:59時点)
感想(0件)

 

実際僕自身も現在は職場でリーダーという立場で、少人数ではありますが人を抱えております。

皆がみんな頼りにしてくれたりご飯に誘ってくれたり、たまにふざけていても

ちゃんとやってほしい事に対してはキチンと答えてくれたりするのはこの本のおかげかなと感じます(*^_^*)

 

本当に素晴らしい経歴と、素晴らしいこれまでの過去の功績の持ち主なので是非参考にしてみてください♪

スポンサーリンク