4月9日スタートの深夜ドラマ”宮本から君へ”ですが、ライバルメーカー”ニチヨン”の営業マン益戸景役を演じる浅香航太さんについてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

宮本から君へ(ドラマ)で益戸景役について

新卒営業マンの主人公(池松壮亮)が日々仕事や恋愛を通して成長していく姿を

日々のドラマで描いていく作品になっておりますが、その中で登場する益戸景役

ライバル会社の大手文具メーカーである”コクヨン”の営業マンでもあり

主人公とは宮本から君への物語の前半ではライバル的存在のドラマの重要人物の1人です。

 

 

 

主人公の宮本(池松壮亮)と、その先輩の神保(松山ケンイチ)の熱血キャラクターとは相反し

普段の浅香航太とはまた違った冷静かつクールビューティーなキャラクターというのが

また熱血な2人のキャラとは異なる非常に良い役割を果たしておりますね(*^^)v

 

宮本と神保の2人と、益戸とはまさしく“犬猿の仲”と言えるでしょう。ドラマの中でも

熱い2人とクールな益戸とのバチバチなやり取りというのも楽しみです♪

そんなクールな役を演じる浅香航太についてご紹介していきたいと思います(*^^)v

スポンサーリンク

宮本から君へ(ドラマ)で益戸景役の俳優は浅香航太!

2008年まではジャニーズ事務所にて活動をしていた浅香航大ですが

2010年から大手芸能プロダクションのA-teamに事務所を移してからというものの

映画やドラマなどといった幅広いジャンルでの活躍をされておりますね♪

 

A-teamといえば伊藤英明や、臼田あさ美などといった現在も活躍されている

俳優さんや役者さんなどを数多く輩出している大手の芸能プロダクションになりますが

その中でも今勢いのある俳優の1人がこの浅香航太さんです。

 

顔立ちもとてもクールかつスマートな顔立ちで、それに加えて演技力も高く

世間からも支持するお声というのが非常に多くなってきておりますね(*^_^*)♪

 

現在も放送をしている連続ドラマ“ドルメンX”では熱血系の迫真の演技をしていたり

ダンスを踊るシーンがあったりと、今回のキャラクターとは相反すものになりますが。

 

そう考えると今回の宮本から君へに関しては真逆のクールキャラなので非常に演技力の高さに驚きますね。

花ざかりの君たちの2011年ver.で旋律のデビューを果たしてからというものの

NHKの連続テレビ小説マッサンでも、鴨居英一郎役として重要な役割を演じ

衝撃のドラマの展開で世間をにぎわせたので、そこでご存じになった方も多いでしょう(*^_^*)

今回の宮本から君へに関しても、主人公とライバル会社の営業マンの役ということで

現在放送中のドルメンXとは全く違うキャラクターなので

どんな風に世間を騒がせてくれるのかというのも非常に楽しみでもありますね(*^_^*)♪

宮本から君へ(ドラマ)の浅香航太に対するTwitterの声!

元々浅香航大ファンの人ももちろん期待されているだけでなく、

これまで注目してなかった人に関しても、宮本から君へに出演で期待している声というのは

非常に多く、世間でも楽しみな声というのが多数上がっておりますね(*^_^*)♪

 

 

僕自身も思っていたのですが、ドルメンXで踊っている印象というのが非常に大きく

そこからどういう違いを見せてくれるのかという声というのも

やはり挙がってきているみたいですね(*^_^*)

 

確かに今回のドラマに関しては、現在放送中のドルメンXもご覧になられている方だったら

元々ファンじゃなかった人にとっては「こんな演技も出来るんだ!」と感心することでしょう♪

スポンサーリンク

まとめ

ということで、宮本から君へについては本当に深夜ドラマとは思えないぐらい

非常に豪華なキャストのドラマになっており楽しみですね(*^_^*)♪

松山ケンイチも、前回のドラマのクールでは深キョンの旦那役として、とてもおっとりとした

普段あまり見られないようなお茶目なキャラというのが印象的でしたが

 

今回は主人公の上司役という少しキリッとした役割ということで

そういう意味では今まであまり見たことが無いキャラが見れる俳優さんが多いかと思うので

物語の中だけでなく、様々な視点から楽しめるドラマになりそうですね(*^_^*)

 

また今回のドラマに関しては順に感想などについても記載していきたいと思うので

良かったらまたチェックしてみてください♪

その他宮本から君に出演しているドラマの役者についても記事を記載しておりますので

ドラマの中で気になる俳優さんがいらっしゃいましたら重ねてご覧いただければと思います♪

スポンサーリンク